12月 27 2010

世界のクリスマス、楽しかったね!!

 12月25日(土)、第4回こどもセンターチャレンジ教室「世界のクリスマス!」が開催されました。ロシア、ブラジル、カナダのクリスマスを少しずつですが体験しました。

 今回も会場はカメリアのホール椿での開催です。講師の方々のご好意もあり、当初の予定を大幅に拡大し、64名の町内こどもたちが参加しました。

 講師は「NPO法人 YOU-I」の山田さんが中心となり、ロシア、ブラジル、カナダ出身の方々のほか、総勢14名のみなさんがスタッフとして協力してくださいました。

 はじめにロシアとブラジルのお菓子作りに挑戦!ロシアのお菓子は「簡単キャラメルクリームRITZ 」というお菓子で、練乳からキャラメルを作るところがポイントです。できたキャラメルにクルミをのせてクラッカーでサンドして食べるお菓子です。

 ブラジルのお菓子は「ブリガデイロ」というあま~いチョコレート菓子で、ブラジルでは大人も子どもも大好きなのだそうです。お菓子を丸めるのに苦戦していて、みんな手がチョコレートまみれになっていました。「手がべたべたで洗いた~い!」という声が聞こえましたが、手についたチョコレートを食べるのがおいしかったようで、みんないい顔しながら食べていましたよ。

 お菓子ができたらいよいよ試食です。ロシアとブラジルのクリスマスのお話をしていただきながらみんなで食べました。クリスマスの写真もたくさん見せていただきました。

 お菓子はとても甘かったようですが、ぺろりと全部食べてしまったお友達もいましたね!ロシアの蜂蜜入り紅茶も何人かのお友だちが飲ませていただいて「日本の紅茶と全然違う!苦いけどおいしい!」と大人のような発言も飛び出していました。

 次にクノキファミリーにクリスマスソングを教えていただきました。
ギターに合わせてみんなで歌います。最初は小さかった声も最後にはみんな自信をもって大きな声で歌えていました。

 そしていよいよロシアのサンタさんの登場です。ロシアのサンタさんはきれいな孫娘と一緒にきてくれました。ロシアのサンタさんはなんと赤色ではなく、水色の服を着ていて、「寒さおじいさん」と呼ばれ親しまれているそうですよ!

 寒さおじいさんとのゲームはとても盛り上がりました。学年もバラバラでたくさんの人数でのゲームだったけど、みんな一体となって楽しんでいたのが印象的でした。

 今回はいつもと一味違ったクリスマスが体験でき、記憶に残るクリスマス会になったのではないかと思います。これをきっかけに他の国の文化に興味をもったり、こどもたちの世界が少しでも広がってくれればと思います。

 そして「世界のクリスマス!」にご協力いただいたスタッフのみなさんのおかげで楽しい経験をさせていただくことができました。本当に感謝しています。有難うございました

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply