10月 25 2013

「プルプルゼリーで手のひら水族館」が完成♪

「第3回こどもセンターチャレンジ教室 プルプルゼリーで手のひら水族館をつくろう!」が10月5日(土)・19日(土)の2日間で開催されました。

当初30名定員のところ、なんと230名のみなさんからのお申込があり、急きょ定員を拡大の上、更に開催日を追加しての開催となりました。各回50名を抽選させていただき、5日48名(他見学15名)、19日午前31名(他見学23名)、19日午後27名(他見学10名)の合計106名(他見学48名)のみなさんにご参加いただきました。
今回の製作を指導してくださったのは金沢工業大学Toiroプロジェクトのみなさんです。

まず、紙ねんどで水族館に入れるおさかなを作ります。イルカ、カメ、ヒトデ…水族館にいる生きものなら何でもオッケー。ラッコやオットセイを作ったり、竜宮城をつくったり、ステキなお花を作ったお友達もいましたよ!

各テーブルにToiroのお兄さんお姉さんたちがついてくれて、「どんないきものが好き?」「これかわいいね!」と楽しくお話しながら製作していきます。


おさかなができたら、水族館に見立てたプラスチックカップの中に、ビーズや貝殻、作った紙ねんどのおさかなをいれてぷるぷるのジェルで固めます。
ぷるぷるのジェルは温めて溶かしたものをカップに流し込みます。流し込む作業はお兄さんお姉さんたちにしてもらいました。

このぷるぷるジェルは芯を入れてキャンドルとしても作ることができる材料(ジェルキャンドルというそうです)なのですが、今回は水族館の水に見立てたものとして使っています。ぷるぷるしていてゼリーみたいだけど、食べられませんのでご注意を!

ジェルを入れてもらったら、細かい空気の気泡をとるために、机の上でカップをトントンと上下に打ちます。これでジェルが固まったら完成です。

同じ材料だけどみんないろいろ工夫をしていて、楽しい作品がたくさん完成しました。
指導してくれたお兄さん、お姉さんとも仲良くなって、帰るのが名残惜しいお友達もいましたね。短い時間だったけど、優しいお兄さん、お姉さんたちとの触れ合い、楽しかったね!


10月5日に参加してくれたみんなが作った作品は、夕方から開催のカメリアまつりでホールに展示されました。指導してくれた金沢工業大学Toiroプロジェクトのみなさんが展示してくださり、暗い空間の中にあかりで照らされたみんなの水族館が浮かび上がって、幻想的な空間となりました。

10月19日(土)に参加してくれたみんなの作品は12月7日(土)14:00~17:00にホールに展示させていただくことになりました。こちらもToiroプロジェクトのみなさんがステキな演出をして展示してくださいます。みんなの作品でどんな空間が出来上がるのか…乞うご期待です。ぜひ当日見に来てくださいね!

今回参加できなかったみなさん、本当に残念でしたが、今後も楽しく充実した体験の場を設けられればと思っておりますので、ぜひご参加をお待ちしています!


10月5日(土)参加のみなさん


10月19日(土)午前に参加のみなさん


10月19日(土)午後に参加のみなさん

No responses yet

Comments RSS

Leave a Reply