12月 20 2017

チャレンジ教室報告~クリスマススノードームを作ろう~

Published by under チャレンジ教室

平成29年12月3日(日)、第4回こどもセンターチャレンジ教室「きらきら ゆらゆら クリスマススノードームをつくろう!」が開催され、野々市市内の小学生116名が参加しました。今回は9時からと11時からの2組に分かれての開催です。(200名以上のお申込みがあり、調整の上、定員を拡大しての開催となりました。)

作り方を指導してくれたのは金沢工業大学 Toiroプロジェクトのみなさんです。
今回は身近にある素材やガラスの瓶をつかった、オリジナルのスノードームを作ります。

まずはじめにマジックでプラスチック板に絵を描きます。クリスマスらしいツリーやリース、雪だるまなど、楽しいイラストがたくさん出来上がりました。
プラスチック板を描いた絵をはさみで切りぬいて、お兄さんたちにラミネート加工をしてもらったら、スノードームに入れる飾りが完成!

もうひとつの飾りとなる、キラキラモールで作るツリーも製作します。2本のモールをねじって、ミニツリーを作りました。細かい作業でしたが、お兄さんお姉さんに手伝ってもらいながら、なんとか完成!

瓶の中に洗濯のりと精製水を3:7の割合で入れます。そこにスノーパウダーとラメパウダーをいれ、静かに混ぜます。自分で選んだスパンコールの飾りを入れ、そりに乗ったサンタの人形が取り付けられた瓶のフタをしっかり閉めます。最後にマスキングテープでふたの周りを飾りつけたら、スノードームの完成!
逆さまにすると、スノーパウダーが雪のようにキラキラと落ちてきて、素敵な世界が完成しました。

おうちの方もたくさん参加していただき、楽しみながらお手伝いしてくださいました。
皆さんのご協力、本当にありがとうございました☆

       第1回に参加のみなさん


  
       第2回に参加のみなさん

No responses yet

 

10月 31 2017

第4回チャレンジ教室 クリスマス スノードームをつくろう!

Published by under チャレンジ教室

クリックすると応募チラシがダウンロードできます(PDFファイル)

No responses yet

 

10月 31 2017

じぶん色Tシャツ ☆ カラフルに完成!

Published by under チャレンジ教室

9月30日、第3回こどもセンターチャレンジ教室「じぶん色Tシャツをつくろう!」が開催されました。
今回作り方を教えてくれたのは、金沢工業大学Toiroプロジェクトのみなさんです。
真っ白なTシャツにカラフルな図形を描いて、にじませると、素敵な模様をちりばめた、自分だけのTシャツが出来上がります。

まずTシャツの下に紙コップをあて、輪ゴムで止め、生地をピンと張ります。
その円の中に油性マジックで模様を描いていきます。
模様の中心に霧吹きでアルコールを1回吹き付けると、じわじわと模様がにじんでいき、くっきりしていた線がグラデーションの模様に変化していきます。

Continue Reading »

No responses yet

 

9月 05 2017

第3回チャレンジ教室 じぶん色Tシャツをつくろう!

Published by under チャレンジ教室

クリックするとチラシ(PDFファイル)がダウンロードできます

One response so far

 

8月 09 2017

チャレンジ教室報告~藍染Tシャツを作ろう!~

Published by under チャレンジ教室

平成29年7月28日(金)、第2回こどもセンターチャレンジ教室「藍染Tシャツをつくろう!」がカメリア ホール椿にて開催され、野々市市内の親子54名が参加しました。(今回は100名以上のお申込みがあり、調整の上、定員を拡大しての開催となりました)

講師は、染色家の高須英代さん。古くから人々の暮らしに根付いてきた藍染の歴史や、その特性について教えていただきました。

紐や輪ゴム、割りばしやフィルムケースに洗濯ばさみなどを用いて、模様づけの準備。布を折り曲げて洗濯ばさみでつまんだり、紐でしばったり、直感でどんどん進めていくおともだちもいれば、じっくり考えながら進めるおともだちもいて、模様作りにもそれぞれの個性が出ていました。止めた部分が藍で染まらず白く残る予定ですが、さてどうなるかな?

いよいよ、藍で染めていきます。染まっていく様子をじっくり観察しながら布をゆらゆらとゆっくり振ります。それを何度か繰り返し、紐や輪ゴムをはずしていきます。Tシャツを広げてみると…思いもよらなかった模様ができていてびっくり!先生からは「想像していた模様と違っていたりもするけれど、藍染に失敗はないんですよ。」というお話もありました。

自然な染料の藍は生きているので、水など、染める環境によっても微妙に発色が違ってくるとのこと。最後に先生から、「今回は、つくる楽しさを味わいましたが、これからは使う喜びを味わってもらいたいと思います。使いながら少しずつ変化していく藍の様子も楽しんでもらえたら嬉しいです。」というお話がありました。

7月28日(金)~8月4日(金)の期間、カメリア・ホール椿にて、講師の先生たちによる、子どもたちの楽しい夏休みを願った、夏の景色を感じる藍染と写真の展示も開催され、子どもたちがつくった藍染Tシャツも併せて展示しました。ステキな空間となり、たくさんの方々に子どもたちの力作を見ていただくことができました。
みんなTシャツを着てみたかな?
これからも変化していく藍の様子を楽しんで、使う喜びを感じてくださいね☆

No responses yet

 

« Prev - Next »