11月 22 2013

野々市市2歳!みんなの夢を大空に☆

市制施行2周年の節目となる11月11日、こどもセンター放課後子ども教室では、「みんなが大きくなったらこんな野々市になったらいいな」と思うことを凧に書いて、あらみや公園で凧揚げを楽しみました。

まずは凧作り。真っ白なナイロン製の凧にカラフルなペンで思い思いにイラストやメッセージを書き込み、自分の作品を作りました。
「ののいちし2さいおめでとう」というお祝いメッセージとともに、「野々市にでっかい天文台があったらいいな」、「野々市でオリンピックをかいさいしてほしい」、「のっティが全国につたわってゆうめいになりますように」、「人の心がなごむようにみどりや川がいっぱいあってほしい」などなど、みんなの夢もつづりました。

こどもセンターやカメリアスタッフも1つの凧に野々市への夢を寄せ書き。粟市長にも書いていただきました!


そして出来上がった凧を持って外で凧揚げを楽しみました。子どもたちは寒さをものともせず、元気いっぱい走り回って凧を揚げていました。


粟市長も来られ、凧揚げをしたことのないお友達に上手に揚げるコツを伝授。市長からは「お祝いしてくれてありがとうございます。みんなの夢と一緒に、野々市もこれから大きく成長していけたらと思います。」とお話しもいただきました。

夢を乗せて空に舞ったみんなの凧。いつか夢が実現するといいね!
野々市市の2歳の誕生日。みんなでお祝いできてよかったね!

No responses yet

Comments RSS

Leave a Reply